成否 農業 高校 4

���� Adobe d� �� C ;��ϧĺ��H��#��WJe�y�t��d�HLIl�< 0�H4V�OB���D�聼�x��i�c�wE�;����cu@�ڝ�ψr���5��X��;@�=�B��7����G��+V9}Z5����q�{>�������i���](pj`>��� 令和2年6月1日(月)から学校再開となっております。今後、学校の教育活動を再開していくにあたっては、万全の感染症対策を講じた上で、生徒達の健やかな学びを保障することを目指します。各ご家庭におかれましても、下記の留意事項をご確認・実践していただきますよう、よろしくお願いします。, (1)毎朝、必ず検温と健康状態の確認を行い、健康観察表に記入のうえ、学校に持参してください。, (2)発熱、風邪症状、倦怠感、息苦しさ、味覚・嗅覚の異常などがある場合は、学校に連絡し、自宅療養としてください。出席停止扱いとなります。, (4)自宅でも、手洗い・うがい・咳エチケット等を徹底し、新型コロナウイルス感染症の症状がみられたら、帰国者・接触者相談センターへ速やかに相談し、必ず学校へ連絡してください。, 2 今後の対応(1)学校からの連絡は「芦高安心メール」及び学校HPをとおして行います。「芦高安心メール」の登録をお願いします。, 生徒・職員への新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、下記の点についてお願い申し上げます。不自由をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。, (2) やむを得ずご来校される際は、事前にご連絡いただき、来校時は、検温、マスクの着用、咳エチケットの遵守をお願いします。, 4  新型コロナウイルス感染症にかかる熊本県育英資金の緊急貸与ついて → メニューの奨学金をご覧下さい。, 熊本県では、いじめの早期発見のため、生徒が匿名で学校へ連絡できる環境を整備しました。詳しくは、下記をご覧下さい。, 本校は、県の指定を受け、生徒の災害安全(防災)に関する資質・能力を育むことや、教職員の組織的な安全管理を充実させるため、実践的避難訓練や防災教育公開授業などを実施しました。, 【URL】http://kyouiku.higo.ed.jp/page8137/page8138.html, 農業科から今年度の生徒実習製品(食品加工品)販売中止のお知らせ(R2.9.8更新), 7月豪雨災害により農業科食品加工実習室は甚大な被害を受けました。生徒は家庭科調理室を使用して学習を行っていますが、生徒実習製品(マーマレード、いちごジャム、乳酸飲料、しそジュース、梅ジュース、クッキー、マフィン、梅干し、漬け物)は実習室内及び食品機器類の破損のため当面の間、製造できません。今後は、すべてが整いしだい再開する予定です。, 毎年楽しみにされている皆様に、食品加工実習製品販売のお知らせができる日まで、職員一同精一杯頑張ってまいりますので、御理解いただきますようお願いいたします。, なお、柑橘・野菜・草花等は今後、販売を予定していますので、販売時期については農業科までお問い合わせ下さい。, 書道の作品や、各クラスオリジナルの壁新聞、色紙やイラストなどがならび、支援学校さんもレインボーカラーのオリジナル手形の展示を行なっていただきました。, 11月13日、秋晴れの青空に恵まれて、芦北高校文化祭が、『千紫万紅:211人の心がつなぐ物語』という今年のテーマの元、行なわれました。今回は、コロナ感染予防の観点から、学校近くにあります芦北町民総合センター(しろやまスカイドーム)を貸し切っての実施となりました。, ドーム内では、3密を避ける並びで実施されました。開会式では、学校長と生徒会長から挨拶をいただきました。, 弁論大会では、各学年の予選を勝ち抜いた6名が、全校生徒、保護者そして審査員の先生方が見守る中、力強いまっすぐな想いを堂々と発表してもらいました。最後に、国語科の木下先生から、ひとりひとりにに向けて講評をなされました。, 休憩を挟んで、今回のメインイベントである動画放映が行なわれました。各学科や部活動、各クラスから持ち寄られたオリジナルの動画を参加者全員で視聴しました。, 大正琴の演奏や、新体操部の全国大会での中継映像、野球部のメモリアルムービーが放映されました。, 「歌っちゃえ」は、今年は収録映像で行なわれましたが、時折会場から歓声が沸き上がりました。, 各クラスからは、ダンスパフォーマンスや、生徒達が時間をぬって作成したコミカルなショートムービー、中には豪雨災害からの復興をテーマとした感動的な内容の動画も紹介されました。, 「収穫感謝祭」では、例年収穫物を食材とした会食が行なわれるのですが、今年はセレモニーのみの実施となりました。, 農業科、林業科、福祉科から代表して、それぞれ収穫物に対する感謝の思いが語られました。農業科からは、米や野菜、果物、花などが添えられていました。林業科からは、演習林で育まれた杉や檜(ひのき)についても語られました。福祉科からは、実習の際に食べ物を提供する際メニューを語ることで、食べることの喜びを感じてもらうことなどが話されました。, 閉会式では、表彰のアナウンスがあり、弁論の部では2年林業科の柳田くんが最優秀賞を、壁新聞コンクールの部では3年福祉科が最優秀賞をそれぞれ受賞しました。最後に、学校長講評と生徒会長挨拶をいただいて、無事閉幕しました。, しかし、これで終わりではありません。今回は、しろやまスカイドームまで来ましたので、全校生徒全員で芦北町の歴史的遺産である佐敷城跡に登り、クラスごとに記念撮影を行ないました。東には、遠くは不知火海の風景から佐敷駅など町の風景が見渡せました。西には、芦北高校の校舎や佐敷川の流れる景色が望めました。, 11月6日~8日まで宮崎市で全九州高等学校空手道新人大会が行われました本校から男子団体組手と男子個人組手に1名出場しました。この大会は3月に行われる全国選抜大会の予選も兼ねています。全国大会を目指し、九州の強豪たちと試合をしました, 相手は長崎県を代表する強豪校、試合大将戦までもつれました。しかし、終盤に逆転を許してしまい、負けてしまいました, 決勝戦までどの試合も常にリードを保ち、優勝することができましたこれで3月の全国選抜大会への出場権を獲得しました, 優勝することができましたが、団体で負けた悔しさが残る結果となりました弓削くんには負けた選手の分まで頑張ってほしいと思います, 豪雨災害後、体育館での練習がなかなかできないため、ほかの学校へ出向き、合同練習を行ってきました。10月に行われるウィンターカップ予選の対戦相手が一緒に練習をさせてもっらてきた学校と決まり、勝つことで恩返しをしようと意気込んでいました。, サイズも大きく(32cm)手に入らなくて困っていたところ、ヴォルターズの方からバッシュを支援していただきました。, おかげで試合に出場することができました。そして、ヴォルターズのコーチや広報の方の実家も被災されたことから、何かできないかと考えておられたようで、「豪雨災害後も頑張っている芦北高校生にクリニックを開きたい」とお話をいただきました。, 最後にbリーグで使用する新品の貴重なボール、私たち普段練習するボール、タオルなどを寄贈していただきました。, 3年生も、それぞれのクラスで担任の先生が防災に関するスライドを元に説明をされていました。, 熊本地震に関する内容もあり、事前にそうした画像が出ることを話された上で紹介されていました。, そうした災害がもしも起きた時のために、私たちひとりひとりが防災への備えと心構えを持つことの大切さを学べた貴重な1時間でした。, 先週金曜日、人権学習の一環として本校2年生全員で「水俣病学習フィールドワーク」へ行きました!, 農業科、林業科、福祉科、それぞれのグループに分かれて水俣病の歴史や今もなお続く訴訟問題など、語り部の方々の生の声を聴くことができました, バスでそれぞれ場所を移動しながら、「水俣湾埋立地」や汚染水を流した「百間排水口」などを現地で直接見て、当時の様子や情景を思い浮かべながら学ぶことができました!, 「今回の講話をお聞きし、水俣病にかかった患者さんや家族の方は、周りに自分のことや親のことを話すことができなかったという辛さを知りました。水俣病を風化させず、私たちが学んだ事を次の世代へ伝えていきたいと思いました。」, 水俣病については、地元でもあり幼い頃から学習しているものでしたが、今回のフィールドワークで始めて感じたことや改めて感じたことも多かったと思います!!, 我々職員も、知識として知るだけでなく、現地の方々や当時の苦しんだ方々の思いを感じることが大切だと感じさせられました。, これからも、生徒たちと共に学ぶ姿勢を忘れず、芦北水俣のみならず郷土の魅力を伝えていきたいと思います, 7月豪雨災害から4ヶ月、芦北高校は応急的な片付けを行い、学校生活と授業を優先して参りました。コロナ禍で校外からのボランティア受入れが難しく、片付けや掃除が後回しになった場所がたくさんあります。, 今回の清掃活動には生徒、保護者、職員合わせて100人以上の方が参加してくださいました。卒業生の保護者の参加もあり、たくさんの方が泥だらけでの活動となりました。, 泥の塊を出して、高圧洗浄機やポンプで吸い上げたプールの水を利用してきれいにしました。, 体育館横 フェンス沿いの溝は泥が堆積して草が生い茂っていました。溝の中に入っての草撤去はなかなかの重労働です。, 道具の片付けを終えて、支援物資としていただいていた水やジュースと育友会からパンの配付がありました。, 前日に公式の大会があった部活動もあり、貴重な休日にも係わらず参加してくださった皆様には感謝申し上げます。ありがとうございました。, 7月の豪雨災害を受けて、一部不通となっていた「肥薩おれんじ鉄道」が全線で運転を再開することになりました。, これまでに川内ー佐敷間の不通区間は8月に解消され、残る佐敷ー八代間のトンネル付近の土砂の影響で一部不通が続いておりました。生徒達はその間、準備いただいた代替バスに乗って通学をしていました。, 令和2年11月1日(日)、ついに「肥薩おれんじ鉄道」全線での再開の運びとなりました。, この日生徒達は、肥薩おれんじ鉄道株式会社様よりご招待をいただいて、記念イベントと記念乗車をさせていただきました。, 式典前に、生徒達は肥薩おれんじ鉄道様からイベント参加の説明や注意事項を説明いただきました。また、丁校長とともに、多くの来賓の方々にも声をかけていただきました。, 続々と関係者のみなさまがご来場される中、取材を受けたりしながらも、ドキドキワクワクの心境で式典の開始を待ちます。, 式典イベントが始まると、多くの方々やマスコミ関係の方々で会場はいっぱいになりました。, そしてホームには、今回の記念イベントのために、おれんじ食堂の特別列車が到着していました。, この日を待ちわびた多くの方々の歓声や、手持ちのカメラや携帯のシャッター音があふれかえっていました。, 町長による出発進行の合図と芦北鉄砲隊による祝砲のあと、多くの方々に見守られながら、「全線運転再開記念列車」は佐敷駅を出発しました。, スイーツと海岸の景色とともに!いつもの通学列車が、なんとも言えない贅沢な時間になりました!, 名残惜しいですが、いよいよ終点の八代駅にまもなく到着。いつもとは違った車窓の風景をしみじみと味わうことができました!, 私たちのために、こんなすてきな旅を用意して下さいました肥薩おれんじ鉄道株式会社様、ありがとうございました。また、この復旧のために多大なご尽力を賜り、心から感謝申し上げます。また、多くの関係者の方々にも、この復旧のために力を尽くしていただいたことだと思います。誠にありがとうございます。, これから毎日、生徒達はそれぞれに未来への希望という大きな夢を乗せて、肥薩おれんじ鉄道で通学してまいります。私たち芦北高校生は、全線復旧させていただいたこの感謝の気持ちを忘れず、に頑張って参ります。これからもどうぞよろしくお願いします!, 「ICTを活用した芦北高校の魅力向上に関する連携協定調印式」が本校で執り行われました!, この協定は、芦北町と町が誘致したIT企業グループが、本校の魅力向上に向けた事業を進めるための連携協定です, IT企業が持つ知識やノウハウを教職員や生徒に提供し、地域に根ざした人材育成や、地域の活性化が期待される県立高校では県内初の画期的な取り組みです!, IT企業連携グループ HALO 代表者 株式会社MARUKU 代表取締役 小山 光由樹 様, 古閑教育長からは、「今回の豪雨災害で大きな被害を受けた本校への希望となるよう事業を進めたい。この連携協定はICT教育の大きな一歩です」と祝辞をいただきました!, 丁 薫校長からは「これから、本校の魅力を一層高め地域を元気にしたい」と、今後の取り組みへの期待を寄せられました!, 芦北高校は、今後プログラミングやデザインの知識や技術を学習し、農業科、林業科、福祉科、それぞれの専門分野に生かし、ひいては町や地域の課題を生徒自ら考え解決する手段として活用したいと考えています!, 早速来年1月には現1年生、4月には新1年生全員に一人一台端末(クロムブック)の整備が決定し、より一層ICT教育に力を入れていきます!, 考えただけでワクワクしてくるような、スケールの大きいビジョンに圧倒されながらも、芦北町や協力していただくIT企業グループの皆様に感謝し、より一層地域に根ざした教育と人材育成に取り組んで参る決意を抱きました!, 選挙に対する正しい知識を学ぶとともに模擬投票の体験を行なう「模擬投票」の講座を、芦北町選挙管理委員会のご協力の下、総合学習室で行なっていただきました。, はじめに、芦北町役場の一田様より、選挙に関する講演を、スライドとカラフルな資料とともにわかりやすく説明いただきました。, そのうえで、芦北町役場の2人の職員の方に、芦北町長選を模した演説を行なっていただきました。芦北町の選挙公報まで、きちんと作成いただきました。ありがとうございます。, はじめに、農業科3年の山下くんが、みんなの前で、投票を行なう上での「受付」や「投票記載所」、そして「投票箱」への投票について、芦北町選挙管理委員の方にていねいに説明いただきながら、模擬投票を行ないました。3年生のみなさんは、この様子を興味深く眺めていました。, さて、いよいよ「模擬投票」です!初めて行なう投票行動に、少しドキドキしながらも、全員が行なうことができました。, 「模擬投票」を終えたあとで、芦北町選挙管理委員の方から、開票作業の手続きや開票などについて、カギのかかった投票箱を提示されながら開けて説明をされました。, 最後に、福祉科3年の笹尾さんが、「実際に模擬投票を行なうことで、選挙に対する考え方や選挙のルール、投票所での投票のやり方について詳しく学ぶことができました。」と謝辞を述べました。, 3年生のみなさんにとって初めてのことが多かったと思いますが、これからも選挙についての正しい理解につとめるとともに、選挙権年齢になったら必ず投票に行きましょう!, 「7月の豪雨で被災した芦北高校を応援したい」ということで、山鹿市にある鹿本農業高校の農業クラブの生徒が芦北高校を訪れてくれました, 今年は新型コロナウイルスの影響で他校との農業クラブの交流がなかったので、お互い初対面です。まずはお互いの学校紹介をして交流を始めました, 鹿本農業高校からは花プランターと授業で作ったクッキーをいただきました花プランターには直筆のメッセージが書いてあり、とても心温まるものをいただきました, 芦北高校の被災状況を知りたいということでしたので、写真で当時の状況を見た後、実際のその現場(校内)を案内しました, 最後に交流を記念して全員で写真撮影をしましたそして、芦北高校からは交流の記念として林業科で作成した木工製品をプレゼントしました。両校にとって今日はとても充実した1日になりました。鹿本農業高校の皆さん、本当にありがとうございました, 新体操部 令和元年度全九州高等学校体育大会新体操大会            男子団体競技 準優勝【インターハイ出場決定!】, 【部活動成績】空手道部 熊本県高等学校空手道新人大会 男子団体組手 祝 3連覇  新体操部  祝 平成30年度全国高校総体出場!(団体8名・個人 木下 2年林業科), 平成30年度の生徒の活躍詳細はこちら → 【平成30年度部活動等大会成績.pdf】, 子どもの人権相談窓口ふるさと納税「芦北町」(芦北高校支援)ふるさと納税「夢教育応援分」, となっております。今後、学校の教育活動を再開していくにあたっては、万全の感染症対策を講じた上で、生徒達の健やかな学びを保障することを目指します。各ご家庭におかれましても、下記の留意事項をご確認・実践していただきますよう、よろしくお願いします。, 芦北町と町が誘致したIT企業グループが、本校の魅力向上に向けた事業を進めるための連携協定, 今回の豪雨災害で大きな被害を受けた本校への希望となるよう事業を進めたい。この連携協定はICT教育の大きな一歩です, http://kyouiku.higo.ed.jp/page8137/page8138.html.

Ryzen Esxi 2019 7, 美容師さん のための ハホニコ マスク 4, Apple Id 残高 Lineスタンプ 4, トヨタ 面接 中途 7, ランクル 40 セルが回ら ない 5, 中国 48時間ルール 航空 9, ステップワゴン Rf5 クーラント 交換 9, 日本酒 瓶 量 8, 単管パイプ 小屋 台風 4, 国民年金 前納 やめる 4, Generations に 会える 方法 4, 大津市 犬 里親 7, そのためにも 英語 文頭 14, 仮面ライダーゼロワン 動画 フリドラ 5, You Are My Soul 意味 4, 山羊座 運勢 バイオリズム 4, デイズゴーン 製材所 大群 復活 6, ぷよぷよフィーバー Pc ダウンロード 8, ゴリラ アンテナ 自作 9, デミオ サイドミラー 開かない 10, 派遣 引き継ぎ 疲れる 4, Excel Workday 非稼働日 25, 節制 タロット 濱口 6, Excel 名前の定義 消える 5, Snkrs キャンセル 影響 5, Persona 3 Fes Undub 5, 三浦春馬 銀魂 髪型 13, Get V Bucks Free Now 14, 女優 オーディション 中学生 9, 流山おおたかの森 ブログ もりきち 12,

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir