b450m pro4 メモリ取り付け 7

自作PC歴の短い私ですが2台目の自作PCになります。 ・ ASRock AMD B450チップ搭載 Micro ATX マザーボード B450M Pro4 ・CORSAIR DDR4-2666MHz デスクトップPC用 メモリモジュール 8GB×2 ・Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース ・Corsair CX650M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット ・ Crucial SSD 500GB 2.5インチ 最初、押し入れに余っていたmsiのマザーボード使おうと思っていたのですが、 最安価格(税込): ¥7,973 (前週比:-7円↓) 発売日:2018年 7月31日 クチコミ掲示板 > パソコン > マザーボード > ASRock > B450M Pro4 『メモリの対応について』 のクチコミ掲示板 ‚©H, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv, B450ƒ`ƒbƒvƒZƒbƒg“‹Ú‚ÌAMD»CPUŒü‚¯MicroATXƒ}ƒU[ƒ{[ƒhBAM4ƒ\ƒPƒbƒg‚𓋍ڂµARyzenƒVƒŠ[ƒY‚É‚à‘ΉžB, ƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒNƒXo—Í‚ÍHDMIADVI-DAD-Sub‚ŁA3‰æ–Ê“¯Žžo—Í‚ª‰Â”\BHDMIƒ|[ƒg‚Í4KÄ¶‚É‚à‘ΉžB, M.2ƒXƒƒbƒg‚ð2Šî“‹ÚBƒf[ƒ^“]‘—‘¬“x‚ðÅ‘å32Gb/s‚܂ʼnŸ‚µã‚°‚éSATA3 6Gb/s‚¨‚æ‚ÑPCIe Gen3 x4 Ultra M.2ƒCƒ“ƒ^[ƒtƒFƒCƒX‚ɑΉžB. 1万円台という低価格帯のマザーボードに、惜しむこと無くハイエンド級の部品「60Aチョークコイル」と「12Kコンデンサ」を投入し、B450マザーボードで最高の耐久性を目指す意欲作「B450 Steel Legend」が日本からデビュー。, 「B450 Steel Legend」はPCパーツとしては非常に珍しく、日本発の新たなASRockマザーボードのブランドです。日本の自作PC市場は縮小しつつあるにもかかわらず、こうして日本ユーザーの意見を取り入れた製品が登場するのはとても稀。, ASRock製のベアボーン「DeskMini A300」が日本で飛ぶようにヒットしたことで日本市場のインパクトを見せつけたことや、ASRock日本法人のエキストリームマネージャー原口氏の高い企画力※のおかげで実現できたのは疑いようが無いと思います。, ※「Steel Legend」ブランドは、ほぼほぼ「原口プロデュース製品」と言っていいです。, まず最初に新たなマザーボードブランドである「Steel Legend」のポジションについて解説しておきます。, 2019年時点のASRockの製品ブランドを、グレード別に分類するなら上記の表の通りです。Phantom Gamingだけは1ブランドですべてのグレードを賄う位置づけですが、他のブランドは基本的に1グレード1ブランドです。, Steel Legendはミドルクラスに位置づけられる製品ブランドで、ExtremeブランドとPro4ブランドの間に位置します。Extremeほど機能性は多くないけど、Pro4より耐久性や堅牢性を高めたブランドになる。, ミドルクラスのマザーボードとしては、異質なレベルのハイエンドコンポーネントを使っています。上位ブランドTaichiなどでも採用されている12Kコンデンサの他、銅箔層のPCBを採用するなど、耐久性へのこだわりに抜かりがありません。, ただしExtremeブランドで採用されていたワンチップ化したMOSFETや、フェーズ数を倍増させる増幅ダブラーは搭載されていないため、オーバークロック向けというよりは「定格で安定運用向け」な仕様です。, が用意されているため、自作PCで恐ろしいほど流行っている「光り物PC」を組むことが可能です。, IOパネルを覆っているシールド部分と、B450チップセットを冷却しているXXLアルミニウム製ヒートシンクにもRGB LEDが仕込まれているので、光るパーツを別途用意しなくてもマザーボード単体でそこそこ光ります。, 付属ソフトウェアの「ASRock Polychrome Sync」を使えば、ヒートシンクRGB LEDやLEDヘッダに接続されたパーツ類の光り方を1680万色から設定でき、点灯パターンも複数用意されている。, 1万円台という廉価なマザーボードでありながら、かなり充実のRGB LED機能が搭載されています。コスパ良く光るPCを組みたい人なら、少なくともNo.1候補にはなると思います。, Steel LegendはExtremeとPro4の中間を狙う、ややライト層向けなマザーボードなのでカジュアルな印象のパッケージングに仕上がっています(ASRockの割にはアッサリした感じです)。, パッケージはスライドして引っ張り出す方式です。ピッタリ詰まっているので上下に振って押し出します。, 基本的な付属品が揃っていました。SATAケーブルは2本入っているので、SSDやHDDを最大で2台まで付属品だけで組むことが可能です。, M.2スロットにM.2 SSDを固定するためのネジは2個しか無いので紛失しないように注意したい。付属のナットは下段のM.2スロットを22110に対応させるためのモノなので、普通のM.2 SSD※を使うなら出番はありません。, ※コンシューマ向けのほとんどのM.2 SSDは「M.2 2280」で、エンタープライズ向けでは「M.2 22110」という非常に横長い規格が使用される傾向。, ユーザーマニュアルは日本語に訳すとニュアンスがおかしくなる文章を除き、ほとんど日本語に訳されています。CPUの取り付け、メモリの挿し方など、PCの組み方がほとんど図解されていた。, では、B450 Steel Legend本体の基板コンポーネント(実装部品)を確認していく。, 今までのASRock製品とは、また違ったスタイリッシュさのあるデザインです。アーバンカモフラージュ柄のPCBに、ホワイト色のXXLアルミニウム製ヒートシンクが目を惹いていきますね。, CPUソケットは「Socket AM4」です。第1~2世代のAMD Ryzen CPUと、第1世代のRyzen APUに対応しています。BIOSアップデートで第3世代のAMD Ryzenにも対応する予定。, CPU用の電源コネクタは標準的な「8 pin」仕様。使っているコネクタの種類にもよりますが、8 pinで少なくとも500 W強(576 Wくらい)は給電できる性能があるので、Ryzen 7 2700Xも余裕に動かせます。, ちなみにASRock公式によれば、ASRock製品の8 pinは1000 Wくらいの給電性能があるそうなので、理論上は極冷オーバークロックにすら耐えられるだけのCPUコネクタです。, 実際、BIOSから最大2.5 Vまでコア電圧を昇圧できるため、明らかに極冷オーバークロックに耐える想定がされています(※競技者向けの設定だから一般人が2.5 Vを設定するのはNG)。, 対応しているメモリクロックは、第2世代AMD Ryzen CPUの場合で「DDR4-3533」まで。第1世代AMD Ryzen CPUとAPUなら最大で「DDR4-3466」のメモリクロックに対応している。, B450チップセットを搭載するマザーボードとしては、今のところ最も対応クロックが高い。それを裏付けるかのように、メモリスロットの周辺にはニチコン12Kコンデンサやチョークが実装されています。, x16スロットはスチール製の頑丈なカバーで保護されていて、グラボの垂れ下がり防止(耐荷重強化)や信号の安定性を強化する効果があります。, なお、注意点はPCI Express 3.0のレーンは固定ということ。上のスロットは16レーン固定で、下のスロットは4レーン固定なので、NVIDIA SLIはできません(B450チップセットの仕様です)。, CPUソケットの直下に位置するM.2スロットには、アルミニウム製のヒートシンクが取り付け済み。付属ヒートシンクの冷却性能については、後ほど実際に検証します。, 「Ultra M.2」というASRock独自の仕様になっているため、普通のNVMe SSD(PCIe 3.0 x4接続)と、最近増えてきたちょっと速めのNVMe SSD(PCIe 3.0 x2接続)のSSDにも対応する。, 下段のM.2スロットは最大でM.2 22110サイズに対応する、横長いスロットになっています。こちらも「Ultra M.2」ですが、対応しているのはM.2 SATAとNVMe SSD(PCIe 3.0 x2)です。, なお、こちらのM.2スロットにはヒートシンクは付属せず、上段にあった付属ヒートシンクを取り付けることも出来ないので注意。, SATAポートは全部で6個あります。内4個がB450チップセット経由、残りの2個がASRockが独自に実装したASMedia ASM1061チップ経由で帯域が提供されています。, CPUソケット周辺に実装されているホワイト塗装の巨大ヒートシンク(XXLアルミニウム製ヒートシンク)によって、その下に隠されているVRMフェーズ回路の熱を効率よく処理できる。, しかしこれでは実装部品を確認できないので、ヒートシンクを取り外してチェックしていく。, ヒートシンクはマザーボードの裏側からネジを外すだけで、簡単に取り外し可能。XXLアルミニウム製ヒートシンクはしっかりと重さがあり、ザラザラした手触りでよく冷えそうです。, MOSFETはワンチップ化せず4つのICチップで実装され、この価格帯にマザーボードとしてあまりにも豪華な「プレミアム60Aパワーチョーク」と「ニチコン製12Kブラックコンデンサ」で固めてありました。, Steel Legendより1つ下のPro4ブランドでは、コンデンサが「5Kコンデンサ」になっているため、理論上の期待寿命は約2.5倍にもなる(…強い)。低価格ながら抜群の堅牢性を目指す設計なのがよく分かります。, フェーズ数だけで見ると少ない印象を受けますが、実装コンポーネントをTaicihiブランドでも採用されているようなハイエンド品で揃えることでフェーズ1つあたりの「質」を高めているのです。, VRMフェーズたちを制御する、PWMコントローラはuPI Semiconductor製の「uP9505p」を搭載。, AMDのCPU向けに作られた(元はSocket FM2+用に開発された)PWMコントローラで、対応フェーズは最大で「4 + 2」となっている。B450 Steel Legendには合計6本のフェーズが実装されています。, よってCPU向けのフェーズを4本、メモリ向けにフェーズを2本という構成になっていると分かる。, 一応、VRMフェーズ回路の裏面をチェックしてみると、フェーズ数を2倍に増やす「フェーズダブラー」らしきチップは実装されていませんでした。B450 Steel Legendのフェーズ数は間違いなく6(4 + 2)本です。, オーディオチップは「Realtek ALC892」を搭載し、そのすぐ横にファインゴールドオーディオコンデンサ(ニチコン製)を4つ設置することでノイズを低減する。, PCIe 3.0 x16スロットのすぐ横に装備されているXXLアルミニウム製ヒートシンク。RGB LEDに対応しているので「飾り」にも見えますが、, ここまでB450 Steel Legendの実装コンポーネントをチェックしてきた。VRMフェーズ回路は6本(CPU向けに4本)と少なめですが、果たしてRyzen 7 2700Xを安定して動かすことができるのかどうか。, オーバークロックを行い、動画エンコードで負荷を掛けながら、動作の安定性やVRMフェーズ回路の発熱を検証してみよう。, 検証にはAMD Ryzen用に組み上げた「ちもろぐ専用ベンチ機 ver.Ryzen」を使います。, テスト方法はオーバークロックの安定性と上限、メモリオーバークロックの実用上の上限値などを確かめるほか、VRMフェーズ回路やM.2ヒートシンクの冷却性能もチェックしていく。, BIOSから電圧モードを「Fixed Mode」に、電圧レギュレーション設定を「Level 1」にし、クロック倍率とコア電圧を調整しながらオーバークロックの限界を探っていきました。, 結果は4.15 GHzまででした。4.20 GHzは1.4 Vでも全く安定しなかったので、空冷環境におけるOCの限界値は4.15 GHzです。そして4.15 GHzに対してコア電圧1.381 Vだと性能を出し切れていない。, 4.10 GHzに対して1.281 Vなら、性能もしっかりと伸びているため実用上のオーバークロックは4.10 GHzが上限となりそうです。もちろん、CPUの個体差や冷却環境によっては、もっと伸びるかも知れません。, B450 Steel Legendは常用オーバークロック向けの製品ではなく、定格運用で長期に渡って壊れないことに主眼をおいている製品なので、むしろ4.10 GHzまでマトモにオーバークロックできる性能は普通に凄いことです。, BIOSからXMP Profileを読み込むだけで簡単にメモリのオーバークロックが可能ですが、DDR4-3000以上にすると途端に動作が不安定に。Windowsが起動すると、すぐにBSODを出して再起動してしまった。, その後、DDR4-3000を何とか通そうと「DRAM Calculator for Ryzen」を用いたタイミング設定やSOC電圧の調節も行ってみたり、1枚だけにするなどを試したが、やはりDDR4-3000になった途端に起動しませんでした。, 今回使ったG.Skill SniperX(3600C19)はSK Hynix C-dieなので、仕様上の最大値であるDDR4-3533で動かすにはSamsung B-dieチップ搭載のハイエンドDDR4メモリが必要なのかもしれない。, クロック周波数が4.0 GHz(コア電圧は1.200 V)の状態で動画エンコードを行うと、フェーズ周辺のコンデンサは最大で60℃程度。CPUフェーズ側のヒートシンクは52~55℃、メモリフェーズ側は35~38℃でした。, エアフローはCPU空冷ファンだけしか無い環境でこれだけ落ち着いた温度になったため、Ryzen 7 2700Xを4.0 GHzに固定して運用するならほとんど問題は無いと言えます。, ファンアーム(→サイズ社の弥七など)を用いてスポットクーラーを設置すれば、更に低い温度で運用することも可能です。, クロック周波数を4.15 GHz(コア電圧は1.381 V)まで引き上げて動画エンコードを実行すると、フェーズ周辺のコンデンサは最大81℃、CPU側ヒートシンクが70~74℃、メモリ側は49~52℃にまで上昇。, ザックリ20℃くらいはVRMフェーズの発熱が増えた。スポットクーラーを使えば70℃くらいに抑えられましたが、常用するにはちょっと温度が高いです。4.0 ~ 4.1 GHzが常用域ですね。, 付属のM.2ヒートシンクの冷却性能をテストする。検証には発熱が激しい「Samsung 970 EVO Plus」を使い、Crystal Disk Mark 6で負荷を掛けて発熱させます。, 付属ヒートシンクの効果は抜群でした。ヒートシンク無しだと最大95℃に達したのに、ヒートシンクを装着すると最大58℃にまで抑えられた。温度差は37℃に達しています。, 結論、B450 Steel Legendの付属ヒートシンクは、非常に実用的なM.2ヒートシンクです。別途ヒートシンクを用意する必要はまず無いですね。, わずか1万円台の廉価なB450マザーボードでありながら、Taichiブランドで採用されているハイエンドなコンポーネントを実装することで、価格に見合わない高い堅牢性を実現しています。, 廉価帯ゆえに一部のコンポーネントはさすがにコストカットの影響を受けています。LANチップはRealtek製ですし、オーディオチップはごく標準的なALC892を搭載している。, チップセットがB450でPCIe 3.0レーンの分割が利かず、スロットごとに固定されている点も要注意です。たとえばグラボを下段のスロットに取り付ける、といった使い方はできません。, グラボは上段のスロットに取り付け、下段スロットはPCIe SSDやキャプチャボードを取り付けることになります。, あと地味に気になったのがメモリのオーバークロックが意外とシビアだったこと。SK Hynix C-dieチップは確かにそこまで高品質ではないかもしれないが、ASRock X470 Master SLIでは最大3600 MHzまでアッサリ通っています。, ただしASRock製品はBIOSの更新でこうした問題が解決されることが多いので、メモリのオーバークロックについては今後の新バージョンBIOSに期待です。, とにかく安定性と耐久性に極振りした設計と、B450マザーボードとしては圧倒的なコストパフォーマンスが大きな強みです。, CPU向けのVRMフェーズはたったの4フェーズしか無いのに、Ryzen 7 2700Xを最大4.15 GHzまでオーバークロックできるし、実用上は4.10 GHzで常用も狙えるほどの堅牢性が凄い。, 1万円でハイエンド部品を搭載したマザーボードが手に入るだけでもコスパは相当に優秀なのに、RGB LED機能はそこそこ豊富で、発熱の激しいNVMe SSDもしっかり抑え込む付属M.2ヒートシンクなど。, 堅牢性だけでなく、自作PCの流行りをきちんと抑えているのも大きなメリット(光り物PCは好みが分かれるところですが、売上的にはRGB機能は無視できないレベルだそうです)。, まとめると、「B450 Steel Legend」は耐久性を重視しつつ、自作ユーザーのツボをしっかり抑え切っているバランスに優れたB450マザーボードです。そしてコストパフォーマンスもとんでもなく優秀。, 以上に該当するユーザーなら、B450 Steel Legendは非常におすすめしやすいマザーボードです。安くて頑丈なので自作PC初心者にもオススメできます。, 以上「ASRock B450 Steel Legendをレビュー:B450マザーボードで最高の耐久性を目指す。」でした。, このマザーボードを使ってる者です。p.2.1.0にアップデートしたらAthlon 200GEのOCができなくなりました…ネットで探しても情報が見つからなかったので、どうなのか教えて欲しいです。, p.2.10にアップデートしたらAthlon 200geのOCができなくなりました…どうすればいいのか教えて欲しいです。よろしくお願いします。, 3600XとGTX1660Tiと一緒に買えば最高の組み合わせになりますねこれ メモリも安いしzen2登場まで待ちきれない, ZEN2とうとう来たね。3900X買おうと思うんだけど3700Xヤバくね?XついてTDP65ᴡ周波数もらくらく4GHzオーバー…その代わり3800X酷くない?個人的に3800X捨てて3900᙭と3700᙭の売り上げ伸ばそうとしてるとしか思えない。RX5000も気になるし夜しか寝れねぇ…ワイは金欠だからRadeon買えないしレビュー楽しみにしてるね。(圧力), ヒートシンク外してチップセット確認する所 AMB B450と誤表記になってますよ〜, ご指摘ありがとうございます。修正しました。「Zen 2」楽しみですね~、ぼくはRyzen 9 3900Xを検証予定です。, 記事を拝見してメモリのOCがシビアとありましたがTwitterの画像等を拝見したところ私の予想ですが差し込むスロットを間違えている可能性があります。 Steel Legendはメモリ二枚挿しの場合正しいスロットはA1とB1ではなくA2とB2です。 私も同様にメモリを挿す位置を間違えて記事同様に複数回ブルスクを吐き同様のクロックでしか起動しませんでしたがメモリの挿す位置を変えてからは3200MHzで安定しました。, Ryzen 5 3600で動作させたところ、簡単にDDR4-3600で動作したため、自分の使ってるRyzen 7 2700Xのメモコンがハズレなのかなと思ってましたが、スロット違いの可能性があったんですね。, これとasus tuf b450 pro gaming どっちがいいと思いますか?, フェーズ回路が耐えられる電流はほぼ同じで、どちらもRyzen 9 3900Xを定格で動かす分には問題ありません。しかし、採用しているコンデンサやチョークはSteel Legendの方が格上です。マザーボードに長寿命を求めるなら、Steel Legendの方が良いです。, わざわざコメントありがとうございます 調べて見たらVRMが10個みたいでしたので Asusの方が性能よかったです ALC S1200A ですし, 耐えられる電流にそんなに差はないですねー。確かにASUSのそれは10フェーズありますが、見かけのフェーズが10というだけで、実際のフェーズは6ですね…。, オーディオチップに関してはご指摘の通り、ASUSの方がスペック的には悪くないと思います。, なお、先のコメントでも指摘したように、採用しているチョークやコンデンサはSteel Legendが格上です。コンデンサの期待寿命は2.4倍も違うので、なるべく長寿命を求めるならSteel Legendが優位になります。, 4.15GHzで負荷時の温度が乱降下しているのはスロットリングしている証拠ですね。 ちなみに、2700XとX370 Taichiで1時間OCCT回した時のヒートシンクがぬるい程度でもVRM温度は70度ぐらいはあります。 この時、ヒートシンクやコンデンサ、基板裏を触っても触れないほど熱くはありません。 Steel legendではどう見ても触れるような温度ではないのでVRMは100℃を軽く超えているでしょう。 OCや水冷化などVRMの冷却に問題が出るような使い方には向かないマザーボードでしょうね。 CPU側が4フェーズと6フェーズでは熱源の集中度が大きく異なるので当然と言えば当然ですが。, つまりB450マザーで1番Ryzen9に適してるのはスティールレジェンド? 最安価格(税込):価格情報の登録がありません 価格.com売れ筋ランキング:-位 満足度レビュー:4.30(11人) クチコミ:326件 (※11月10日時点) 過去の鉄道写真をまとめた「橋本充電中フォトアーカイブ」公開(2020/03/10更新), 今まで使っていたPCは2010年に組み立てた自作機。CPUは4コアのPhenomII X4 945、メモリ8GBで、Webサイト編集・動画編集・ゲーム・同人誌制作と頑張ってきました。しかしココ最近はモタつきを感じるようになり、夏コミ新刊の入稿を終えたのち、コスパが良いと評判のRyzenシリーズCPUで8年ぶりにパソコンを組んでみました。, *リンク先はAmazonの商品ページ(ケース・ケースファンのみドスパラ)*キーボード・マウス・モニター等は流用。, パーツ類は秋葉原のツクモ店舗にて購入。特定のパーツを組み合わせると割引が効いたり、限定特価品があったりで、合計金額が事前のネットでの見積もりと結構差が出ました(上記表の価格は各種値引き後のもの)。上記価格からビデオカードを抜いたり、パーツ購入で溜まったポイントでOSを買ったりしたので、今回の買い物はなんとか9万円台に収まっています。, CPUは自身3個目のAMD CPU。1コアのAthlon XP 3000+から始まり、PhenomII X4 945ときてRyzen 5 2600。6コア12スレッドが2万円ちょっとって、いい時代だなぁ。, マザーボードは7月末に国内解禁されたB450マザーの中から安価なMSI「B450 GAMING PLUS」を選択。新しいマザーということで、はじめからRyzen 2xxxシリーズに対応しているというのも選択の決め手に。, 流用したビデオカードのGTX1050tiは、昨年11月に前PCで使っていたRadeonHD 7850が昇天したため一足早く買い替えたもの。当時ソフマップで1万5000円前後だったはず(いまAmazonで見たら2万円近くまで値上がりしていて驚く)。, SSDは超高速なM.2(PCI Express)。昨年発売のモデルで、今年発売された現行モデルより転送速度は落ちるものの、SATA接続のSSDやHDDに比べれば相当な速さ。発熱がすごいということなのでヒートシンクも同時購入。, ケースのみドスパラで購入。シャドウベイの多いケースということで選択。最近はHDDの大容量化やクラウドストレージ普及のせいか、HDDを多く積めるケースが少なくて探すのに苦労。, (夏コミ新刊作成の)修羅場明けのゴチャついた机の上で作業スタート。マザーボードはゲーミングと名がつくだけあって黒と赤でスタイリッシュなデザイン。, CPU開封。箱の中の大半はCPUクーラーが占めていて、端っこにCPU本体とステッカーの入った小箱が入っていました。AMD入ってる。, CPUソケットとCPUの▲マークを合わせて…と、ピンを破損しないように集中する緊張の瞬間。置いてみたら一発でスポっとハマったので、固定レバーを下ろしてこれで装着完了。, CPUソケットの両脇にはCPUクーラー固定用のパーツ(ツメ)が付いていますが、リテールクーラーはネジ止め式のため、これらのパーツを外す必要があります。ネジ穴を出したところでリテールクーラー取り付け。一箇所を一気に締めてしまうと反対側が浮いてしまいネジ締めができなくなるので、対角線上にちょっとずつネジを締めていくのがポイント。, 続いてメモリ装着。今回は8GB×2枚のデュアルチャネル、赤いスロットに差し込んでいきます(メモリの枚数と差し込みスロットの組み合わせについてはマニュアル参照)。, メモリ取付後のリテールCPUクーラーとの隙間は写真のような感じ。そういやヒートシンクのついたメモリって使ったこと無いなぁ。, ここでケースENERMAX ECA3290Bの登場。前面・上部がメッシュ形状になっていて冷却性は高そう。フロントパネル裏側にはスポンジ状の素材がついていますが、上部はフィルターの類は無いので何らかのホコリ対策が必要。, このケースを選んだ最大の理由が3.5インチシャドウベイの多さ。中央の一段狭くなっている2.5インチ用シャドウベイの仕切りは動かすことができ、3.5インチ用にすることが可能。これにより最大5台のHDDを搭載することができる。そこまで積むことは無いと思いますが、3台でも1スロットずつ開けて配置して発熱対策が出来そうなのが○。, ちなみにケースに付属するファンは前面の12cmファン1個のみなので、背面吸気ファン(12cm)を追加で購入して取り付け。, M.2 SSDにヒートシンク(長尾製作所 SS-M2S-HS01)を取り付け。この段階ではまだヒートシンクが乗っただけで固定されていない。, マザーボード付属のネジでSSDを取り付け。ビデオカードを差す前に取り付けるのがよさそう。, HDDの取り付けは、ケース付属の専用パーツを使うことでドライバーやネジを使わずに固定可能。3.5インチ用と2.5インチ用があるのでパーツ表面の刻印をよく見て選択。, コネクター側を奥に向け、HDDを差し込んで取り付け完了。このあと旧PCで使っていた2TB HDDも移設。, 電源・ビデオカードの取り付け完了。電源ケーブルは裏配線でまとめましたが、8pinのケーブルが短く、これだけは裏ではなく表側から接続。とはいえ他のケーブル類を裏に回せたのでスッキリした見た目になりました。, ■追記:2019年7月にビデオカードを「MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G」に交換しました, 現在のPCを組んでからちょうど1年。前のパソコンから引き継いだビデオカード(GeForce GTX1050ti)が不調になり、買い替えを決意。コスパが良いと評…, ……おお、UEFIがキレイ。いままで青地に文字だけのBIOSしか使ったことがなかった旧世代の人間なのでこの段階でマウスが使えることに素直に感動(たぶんこれ何年も前からあるやつ)。メモリやストレージ類も正しく認識されているようで一安心。, OSはWindows10 Homeで、インストールメディアは光学ドライブがない人でも安心のUSBメモリ。ちっちゃい。, BIOSでUSBメディアの起動優先順位を上げ、OSのインストールをスタート。64bitか32bitかを選択する画面が出るので迷わず64bitを選択。, OSをインストールするドライブを選択。ここではSSD(256GB)を選び、サイズ設定等は特にいじらず適用。その後はサクサクとインストールが進み、PC組み立て完了。, 電源ON→マザーボードのロゴ→白○ぐるぐる数回→ログイン画面(ここまで15秒)。インストールソフトが増えても変わらず。, そしてお目当てだった動画編集もストレス無く出来るようになってご満悦。エンコード時間は実動画の2倍程度。前は5~6倍かかっていたことを考えれば劇的なスピードアップ。おかげで放置気味だったYouTubeチャンネルに動画をどんどん投稿できるようになりました(ここ宣伝要素)。, 2ヶ月ぶりの更新が大変不吉なタイトルで申し訳ないです。 タイトルの通り、普段使用しているPCに入っているHDD(ハードディスク)の1台が動かなく…, AMD Ryzen5 2600&B450マザーで自作PCを組む|橋本充電中 - https://jyuden.com/pc/201808newpc/, c 2004-2019 chabata_k.

大阪環状線 一周 距離, カネコアヤノ コード 燦々, 子供用 パスケース 男の子, サトノインプレッサ 重 馬場, タガタメ 開眼スキル 大剣, 鉄道now 地図 表示されない Iphone, フランス 祝日 2021, 中央線 人身 豊田, 鉄道now 地図 表示されない Iphone, ダホン ルート 2020, Jreポイント モバイルsuica 切り替え, 電車 サウンド おもちゃ, 恋に 落ち たシェイクスピア ベッドシーン, カネコアヤノ コード 燦々, フランス 祝日 2021, 勤労感謝の日 プレゼント 親, マース トーケン ソリューション 社, 南茨木駅 タクシー 乗り場, みちょぱ 有吉 師匠, 豊中 バス 47, コーナン 楽天 期間限定ポイント, 中日 勝野 現在, 恋に 落ち たシェイクスピア ベッドシーン, Fgo 円卓の騎士 マーリン, キング ディアンヌ 結婚, マース トーケン ソリューション 社, 軽バン ターボ カスタム, キング ディアンヌ 結婚, 熊本 電鉄 決算, コーナン 楽天 期間限定ポイント, 烏丸 梅田 準急 時間, 電車 サウンド おもちゃ, フランス 祝日 2021, 田中みな実 ファンデーション アルビオン, 大阪環状線 一周 距離,

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir