ryzen esxi 2019 7

nvme_pcie ドライバによって生成されたデバイス アドレス間の不一致が原因で発生します。, 回避策:このエラーは無視してかまいません。ESXi ホストの機能に影響はありません。コンプライアンス状態のエラーを解決するには、ESXi ホスト バージョン 7.0 からホスト プロファイルを再抽出し、新しいホスト プロファイルをホストに適用します。, 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server 6.x からバージョン 7.0 にアップグレードされた vCenter Server 7.0 をリストアすると、リストアが失敗し、次のエラーが表示されることがあります。アプライアンス ストレージ リストを取得できませんでした, 回避策:リストア プロセスの最初のステージで、vCenter Server 7.0 のストレージ レベルを増やします。たとえば、vCenter Server 6.7 外部 Platform Services Controller のセットアップ ストレージ タイプが small の場合は、リストア プロセス用に large ストレージ タイプを選択します。, [有効な SSL プロトコル] 構成パラメータがホスト プロファイルの修正中に構成されず、システムのデフォルト プロトコルの tlsv1.2 のみが有効になります。この動作は、vCenter Server 7.0 環境にバージョン 7.0 以前のホスト プロファイルがある場合に発生します。, 回避策:SFCB の TLSV 1.0 または TLSV 1.1 SSL プロトコルを有効にするには、SSH を使用して ESXi ホストにログインし、次の ESXCLI コマンドを実行します。esxcli system wbem -P <プロトコル名>, セキュリティ ホスト プロファイルを使用してロックダウン モードを構成できず、一度に複数の ESXi ホストに適用できません。各ホストを手動で構成する必要があります。, 回避策:vCenter Server 7.0 では、セキュリティ ホスト プロファイルを使用して、ロックダウン モードを構成し、ロックダウン モードの例外ユーザー リストを管理できます。, 構成ファイルを変更したとき、VMware 構成ファイル /etc/vmware/config 内の一部の設定は、ホスト プロファイルによって管理されず、ブロックされます。その結果、ホスト プロファイルがクラスタに適用されると、EVC 設定が失われ、EVC 機能が失われます。たとえば、マスクされていない CPU がワークロードに公開される可能性があります。, 回避策:クラスタ上に適切な EVC ベースラインを再構成し、EVC 設定を復旧します。, vCenter Server 7.0 では、ホスト プロファイルを使用してコア ダンプ パーティションを構成および管理することはできません。コア ダンプ パーティションが定義されたホスト プロファイルを適用すると、次のエラーが発生します。有効なコアダンプ パーティションが見つかりませんでした。, 回避策:なし。vCenter Server 7.0 では、ホスト プロファイルはファイルベースのコア ダンプのみをサポートしています。, 一部のホスト プロファイル キーは、キー生成に関する明示的なルールが指定されている場合でもハッシュ計算によって生成されます。その結果、ホストから設定をコピーしたときやホスト プロファイルを編集したときに、応答ファイル内のユーザー入力値が失われます。, 回避策:vCenter Server 7.0 では、ホスト プロファイルを ESXi ホストからコピーしたときやホスト プロファイルを変更したときにユーザー入力の設定が保持されます。, vSphere 7.0 の HTTP リバース プロキシでは、以前のリリースと比べて、より厳しい標準コンプライアンスが適用されます。これにより、アプリケーションが vSphere への SOAP 呼び出し用に使用する一部のサードパーティ製ライブラリで、既存の問題が明らかになる可能性があります。, このようなライブラリを使用する vSphere アプリケーションを開発する場合や、vSphere スタック内のこのようなライブラリに依存するアプリケーションを含める場合、これらのライブラリが HTTP 要求を VMOMI に送信するときに接続の問題が発生する可能性があります。たとえば、vijava ライブラリから発行される HTTP 要求は、次の形式をとることができます。, この例の構文は、SOAPAction の後にコロンを必要とする HTTP プロトコル ヘッダー フィールドの要件に違反しています。そのため、この要求はフライト中に拒否されます。, 回避策:アプリケーションで非準拠のライブラリを利用している開発者は、そのライブラリに代えて HTTP 標準に準拠するライブラリを使用することを検討してください。たとえば、vijava ライブラリを使用している開発者は、そのライブラリに代えて最新バージョンの yavijava ライブラリを使用することを検討してください。, ホスト プロファイルの詳細オプション パラメータで値を false に設定すると、ユーザー インターフェイスによって空でない文字列値が作成されます。空ではない値は true と解釈され、詳細オプション パラメータはホスト プロファイルで true 値を受け取ります。, SNMP ファイアウォール ルールセットは動的な状態で、ランタイム時に処理されます。ホスト プロファイルが適用されると、ルールセットの構成はホスト プロファイルと SNMP によって同時に管理され、ファイアウォールの設定が予期せずに変更されることがあります。, lsi_msgpt3、lsi_msgpt35、および lsi_mr3 コントローラを使用している場合、ダンプ ファイル lsuv2-lsi-drivers-plugin-util-zdump が表示されることがあります。このプラグイン ユーティリティで使用されている storelib を終了するときに問題が発生します。ESXi の操作に影響はなく、このダンプ ファイルは無視できます。, 回避策:このメッセージは無視してかまいません。次のコマンドを使用して lsuv2-lsi-drivers-plugin を削除できます。 esxcli software vib remove -n lsuv2-lsiv2-drivers-plugin, ESXi 7.0 では、SR-IOV 構成は再起動しなくても適用され、デバイス ドライバが再ロードされます。ESXi ホストでは、起動時にデバイス ドライバがロードされた後で実行する必要があるデバイス構成をサードパーティの拡張機能によって実行することがあります。デバイス構成を再適用するには、このようなサードパーティの拡張機能を実行するために再起動が必要です。, 回避策:サードパーティ製デバイスの構成を適用するには、SR-IOV を構成してから再起動する必要があります。, 新しい VMware ライセンス ポリシーで必要となる CPU ライセンスのカウント, TLS Configurator Utility を使用した TLS プロトコル構成の管理, windows.iso:Windows Vista 以降用の VMware Tools イメージ, linux.iso:VMware Tools イメージ(Linux OS、glibc 2.5 以降のバージョン), Intel ファミリ 6、モデル = 2A (Sandy Bridge DT/EN, GA 2011), Intel ファミリ 6、モデル = 2D (Sandy Bridge EP, GA 2012), Intel ファミリ 6、モデル = 3A (Ivy Bridge DT/EN, GA 2012), AMD ファミリ 0x15、モデル = 01 (Bulldozer, GA 2012), ソース vCenter Server for Windows インスタンスですべての Windows Update が完了していることを確認するか、移行が完了するまで Windows Update の自動更新を無効にします。, vCenter Server for Windows から vCenter Server Appliance 7.0 への移行を再試行します。, ホスト プロファイル ドキュメントから、システムのデフォルト ルールで重複した要求ルールを削除します。, 同じ FQDN と必要な IP アドレスを持つ追加の DNS エントリを作成します。VAMI にログインし、手順に従って IP アドレスを変更します。, 一部のトランスポート ノードが N-VDS を使用してトランスポート ゾーンに参加し、その他のトランスポート ノードが VDS 7.0 を使用してトランスポート ゾーンに参加するか、またはトランスポート ノードが別の VDS 7.0 インスタンスを介してトランスポート ゾーンに参加する。, Distributed Virtual Switch (DVS) のステートレス ESXi では、NSX ポート グループ上の vmknic はブロックされます。代わりに、分散ポート グループを使用する必要があります。, DVS 上のステートフル ESXi では、NSX ポート グループ上の vmknic はサポートされていますが、NSX ポート グループ上で vmknic を使用している場合、vSAN に問題が発生する可能性があります。, 2 階層目のフォルダに、別のネストされた仮想マシン、仮想マシン フォルダ、vApp、または仮想マシン テンプレートを作成します。, クラスタ内のすべてのホストで APD が発生し、VMCP のタイムアウトに達するまでリカバリしない。, FDM が障害の発生した仮想マシンを登録解除しておらず、複数のホストが同じ仮想マシンをレポートしていることが VC のホスト同期によって応答されている場合に、FDM の登録解除と VC のスティール仮想マシン ロジックが開始することがある。FDM と VC の両方が、異なるホストの同じ仮想マシンを対象にした異なる登録済みコピーを登録解除するため、仮想マシンは実体がなくなります。, [検出されたホスト] タブで、ルールセットと一致しなかった ESXi ホストを削除します。, ルールを作成するか、既存の Auto Deploy ルールを編集します。ホストのターゲットの場所は、イメージによって管理されるクラスタです。, vSphere HA を無効にできない:ソリューションの削除タスクが失敗しました。, ハードウェア サポート マネージャが一時的に使用できない場合は、次の手順を実行します。, ハードウェア サポート マネージャを vCenter Server に再接続します。, ハードウェア サポート マネージャが完全に使用できない場合は、次の手順を実行します。, ハードウェア サポート マネージャとハードウェア サポート パッケージをイメージ仕様から削除します。, vCenter Server 管理対象オブジェクト (IoFilterManager) から IOFilter API, 障害が発生した ESXi ホストを右クリックし、[vSphere HA 用に再設定] を選択します。, バージョン 6.5 のホスト プロファイルを作成する場合は、ESXi ホストの高度な設定オプション VMkernel.Boot.autoCreateDumpFile を false に設定します。, バージョン 6.5 の既存のホスト プロファイルを適用する場合は、ホスト プロファイルに高度な設定オプション VMkernel.Boot.autoCreateDumpFile を追加し、そのオプションを固定ポリシーに設定して、値を false に設定します。, ルールセットが動的に管理されるようにするには、ホスト プロファイルの構成で SNMP ファイアウォール ルールセット オプションを除外します。, ルールセットの二重管理を続行するには、必要に応じて、ファイアウォールのルールセットの状態を修正します。. Socket AM4対応のデスクトップ版Renoir「Ryzen PRO 4000」, PCI Express x16スロットに搭載したビデオカードのGPU-Z実行画面。PCI Express 3.0 x16で接続されていることが確認できる, CPU接続のM.2に搭載したPCI Express 4.0対応SSDのCrystalDiskInfo実行画面。レーン数は4で接続されているが、PCI Expressの世代は「3.0」となっている, AMD B550チップセット搭載マザーボード「ASRock B550M Steel Legend」, DDR4-3200対応8GBメモリ2枚組「CFD Gaming W4U3200CX1-8G」, 容量1TBのPCI Express 4.0対応NVMe SSD「CFD Gaming CSSD-M2B1TPG3VNF」, Ryzen PRO 4000シリーズのパッケージ版に付属予定の純正クーラー「Wraith Stealth」, 【グラフ04】V-Ray Benchmark v4.10.07 「V-RAY (CPU)」, 動画エンコードソフト「TMPGEnc Video Mastering Works 7」, 【グラフ07】TMPGEnc Video Mastering Works 7 v7.0.15.17「H.264形式へのエンコード」, 【グラフ08】TMPGEnc Video Mastering Works 7 v7.0.15.17「H.265形式へのエンコード」, 【グラフ10】SiSoftware Sandra v30.49 「Processor Arithmetic (プロセッサの性能)」, 【グラフ11】SiSoftware Sandra v30.49 「Processor Multi-Media (マルチメディア処理)」, 【グラフ12】SiSoftware Sandra v30.49 「Processor Image Processing (画像処理)」, 【グラフ13】SiSoftware Sandra v30.49 「Memory Bandwidth」, 【グラフ14】SiSoftware Sandra v30.49 「Cache & Memory Latency (メモリレイテンシ)」, 【グラフ15】SiSoftware Sandra v30.49 「Cache & Memory Latency (レイテンシ)」, 【グラフ16】SiSoftware Sandra v30.49 「Cache & Memory Latency (クロック)」, 【グラフ17】SiSoftware Sandra v30.49 「Cache Bandwidth」, 【グラフ23】FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク v1.2. Ryzen 7 3700Xで自作PCを組んでESXiをインストールしてみた!② (組み立て編) Ryzen 7 3700Xで自作PCを組んでESXiをインストールしてみた!① (パーツ紹介編) VyOSでSNAT (送信元NAT) を行う 6月 (9) 5月 (10) ESXi が完全インストールの場合、デフォルト値は "/locker/packages/vmtoolsRepo" export PRODUCT_LOCKER_DEFAULT="/locker/packages/vmtoolsRepo", 2.b.ESXi が autodeploy などの PXEboot 構成である場合のデフォルト値は"/vmtoolsRepo" export PRODUCT_LOCKER_DEFAULT="/vmtoolsRepo", 次のコマンドを実行して、場所を自動的に確認します:export PRODUCT_LOCKER_DEFAULT=`readlink /productLocker`, 設定を追加します:esxcli system settings advanced add -d "Path to VMware Tools repository" -o ProductLockerLocation -t string -s $PRODUCT_LOCKER_DEFAULT, 上の手順 2 のすべての操作をまとめて、次のように 1 つのコマンドを発行することができます。, esxcli system settings advanced add -d "Path to VMware Tools repository" -o ProductLockerLocation -t string -s `readlink /productLocker`, vCenter Cloud Gateway がオンプレミス vCenter Server と同じ環境にデプロイされ、SDDC にリンクされている場合、SDDC の vCenter Server がオンプレミスの vSphere Client に表示されます。これは予期しない動作であり、リンクされた SDDC の vCenter Server は無視する必要があります。リンクされた SDDC の vCenter Server に関連するすべての操作は、vCenter Cloud Gateway 内で実行されている vSphere Client で実行する必要があります。, Linux ゲスト OS でゲスト カスタマイズ スクリプトを実行すると、カスタマイズ仕様で定義されているカスタマイズ スクリプトの precustomization セクションがゲスト カスタマイズの前に実行され、その後に postcustomization セクションが実行されます。仮想マシンのゲスト OS で Cloud-Init を有効にすると、Cloud-Init の既知の問題のために、カスタマイズの前に postcustomization セクションが実行されます。, 回避策:Cloud-Init を無効にし、標準のゲスト カスタマイズを使用します。, 複数のディスクとマルチレベルのスナップショットがある仮想マシンでグループ移行操作を実行すると、操作が失敗し、次のエラーが表示されることがあります。com.vmware.vc.GenericVmConfigFault がデータの待機に失敗しました。エラー 195887167。リモート ホストにより接続が切断されました。タイムアウトの可能性があります。, HTTP クエリ パラメータを含む URL は、サポートされていません。たとえば、http://webaddress.com?file=abc.ovf または Amazon の事前署名済み S3 URL などです。, 回避策:ファイルをダウンロードし、ローカル ファイル システムからデプロイします。, 名前に ASCII 以外の文字が含まれているローカル .ovf ファイルをインポートすると、「400 要求が正しくありません」エラーが表示されることがあります。このような .ovf ファイルを使用して vSphere Client に仮想マシンをデプロイすると、デプロイ プロセスが 0% で停止します。その結果、「400 要求が正しくありません」エラーまたは「500 内部サーバ エラーです」が表示されることがあります。, その結果、[仮想マシンおよびテンプレート] インベントリ ツリーで、ネストされた 3 階層目のフォルダのオブジェクトが表示されません。, 回避策:3 階層目のネストされたフォルダ内のオブジェクトを表示するには、2 階層目のネストされたフォルダに移動して [仮想マシン] タブを選択します。, クラスタで HA と VMCP が有効になっている場合でも、クラスタ全体の APD がリカバリした後に、一部の仮想マシンが実体のない状態になることがあります。, 回避策:APD のリカバリ後、クラスタ内で実体のない仮想マシンを手動で登録解除し、再登録する必要があります。, 実体のない仮想マシンを手動で再登録しない場合、HA は実体のない仮想マシンのフェイルオーバーを試みますが、APD がいつリカバリされるかに応じて、5 ~ 10 時間かかる場合があります。, このような場合、クラスタの全体的な機能は影響を受けず、HA は仮想マシンの保護を継続します。これは、問題の発生中にVC に表示される内容に関するアノマリです。, NSX-T は、イメージ管理のための vSphere Lifecycle Manager 機能と互換性がありません。クラスタ内のすべてのホストでのイメージのセットアップとアップデートをまとめて行うためにクラスタを有効にすると、そのクラスタで NSX-T を有効にすることはできません。ただし、このクラスタに NSX Edge をデプロイすることはできます。, 回避策:ベースラインを使用して管理できる新しいクラスタにホストを移動し、その新しいクラスタで NSX-T を有効にします。, クラスタで vSphere Lifecycle Manager が有効になっている場合、同じクラスタで vSAN ファイル サービスを有効にできません。また、その逆も同様です。vSAN ファイル サービスがすでに有効になっているクラスタで vSphere Lifecycle Manager を有効にするには、最初に vSAN ファイル サービスを無効にして操作を再試行します。1 つのイメージで管理されているクラスタに移行する場合は、そのクラスタで vSphere Lifecycle Manager を無効にすることはできません。, vSphere Auto Deploy の「インベントリへの追加」ワークフローを使用して、1 つのイメージで管理するクラスタに ESXi ホストを追加しようとすると失敗します。この失敗は、既存の Auto Deploy ルールセットでパターンが一致しないために発生します。タスクは警告なしで失敗し、ホストは [検出されたホスト] タブに残ります。, ホストは、vSphere Lifecycle Manager でイメージによって管理されるクラスタに追加されます。, 1 つのイメージで管理するクラスタにハードウェア サポート マネージャを使用できない場合に、ファームウェアとドライバのアドオンが選択され、vSphere HA が有効になっていると、vSphere HA 機能が影響を受けます。以下のエラーが発生することがあります。, vSphere Lifecycle Manager でクラスタを修正してクラスタから I/OFilter を削除する操作が次のエラー メッセージとともに失敗します:iofilter XXX already exists。iofilter は、インストール済みとして表示されたままになります。, vSphere HA 対応のクラスタの修正プロセスで 1 台または複数の ESXi ホストを追加すると、次のエラー メッセージが表示されます。クラスタへの HA VIB の適用中に障害が発生しました。, クラスタの修正プロセスで vSphere HA を無効にしてから再度有効にすると、vSphere HA 健全性チェックでホストに vSphere HA VIB がインストールされていないと報告され、修正プロセスが失敗することがあります。次のエラー メッセージが表示されることがあります。クラスタの目的のイメージ仕様の設定に失敗しました。, 回避策:クラスタの修正操作が終了した後、クラスタの vSphere HA を無効にしてから再度有効にします。, ホストが 16 台を超える大規模クラスタでは、推奨の生成タスクが完了するまでに 1 時間以上かかる場合やハングしているように見える場合があります。推奨タスクの完了時間は、各ホストで構成されているデバイスの数と、推奨される有効なイメージを取得する前に vSphere Lifecycle Manager が処理する必要があるデポのイメージ候補の数によって異なります。, ホストが 16 台を超える大規模クラスタでは、検証レポートの生成タスクが完了するまでに最大で 30 分かかる場合やハングしているように見える場合があります。完了時間は、各ホストで構成されているデバイスの数と、クラスタで構成されているホストの数によって異なります。, vCenter Server のユーザー インターフェイスで、ローカライズされた言語の不完全なエラー メッセージが表示されることがあります。メッセージは、vSphere Lifecycle Manager でクラスタの修正プロセスが失敗した後に表示されます。たとえば、次のようなエラー メッセージが表示されます。 英語のエラー メッセージ:Virtual machine 'VMC on DELL EMC -FileServer' that runs on cluster 'Cluster-1' reported an issue which prevents entering maintenance mode: Unable to access the virtual machine configuration: Unable to access file[local-0] VMC on Dell EMC - FileServer/VMC on Dell EMC - FileServer.vmx フランス語のエラー メッセージ:La VM « VMC on DELL EMC -FileServer », située sur le cluster « {Cluster-1} », a signalé un problème empêchant le passage en mode de maintenance : Unable to access the virtual machine configuration: Unable to access file[local-0] VMC on Dell EMC - FileServer/VMC on Dell EMC - FileServer.vmx, 回避策:インポート プロセスが終了したら、イメージを編集し、必要に応じてベンダー アドオン、コンポーネント、ファームウェアおよびドライバ アドオンを削除します。, ベースラインを使用する vSphere HA 対応のクラスタを単一のイメージを使用するクラスタに変換するとき、vmware-fdm コンポーネントが削除されることを示す警告メッセージが表示されることがあります。, 回避策:このメッセージは無視してかまいません。変換プロセスによって vmware-fdm コンポーネントがインストールされます。, 以前のリリースの vCenter Server では、vCenter Server と vSphere Update Manager に対してプロキシ設定を個別に構成できました。vSphere 7.0 にアップグレードすると、vSphere Update Manager サービスは vSphere Lifecycle Manager サービスの一部になります。vSphere Lifecycle Manager サービスの場合、プロキシ設定は vCenter Server Appliance 設定から構成されます。プロキシ サーバ経由でインターネットからパッチ アップデートをダウンロードするように Update Manager が構成されている一方で vCenter Server Appliance にプロキシ設定の構成がない場合、vCenter Server をバージョン 7.0 にアップグレードすると、vSphere Lifecycle Manager は VMware デポに接続できず、パッチまたはアップデートをダウンロードできません。, 回避策:vCenter Server Appliance 管理インターフェイス (https://:5480) にログインして vCenter Server Appliance のプロキシ設定を構成し、vSphere Lifecycle Manager でプロキシを使用できるようにします。, バージョン 6.5 のホスト プロファイルをバージョン 7.0 の ESXi ホストに適用すると、コアダンプ ファイル プロファイルがホストに準拠していないと報告されます。, ブラウザが英語以外の言語に設定されているときに vSphere Client インベントリの仮想マシンの [サマリ] タブにある [新しい表示に切り替える] ボタンをクリックすると、[ゲスト OS] パネルの [アクション] ドロップダウン メニューに項目が表示されません。, 回避策:仮想マシン ページの上部にある [アクション] ドロップダウン メニューを選択します。, DYN_RSS および GEN_RSS 機能がオンのとき、Mellanox ConnectX-4 または ConnectX-5 のネイティブ ESXi ドライバのスループットが 5% を下回る範囲で低下することがありますが、通常のワークロードへの影響はほとんどありません。, 回避策:次のコマンドを使用して、DYN_RSS および GEN_RSS 機能を無効にすることができます。, # esxcli system module parameters set -m nmlx5_core -p "DYN_RSS=0 GEN_RSS=0", PVRDMA 環境の vSphere 7.0 実装では、HCA が配置されている場合、仮想マシンはローカル通信用に HCA を介してトラフィックを渡します。ただし、qedrntv ドライバでは、RDMA トラフィックのループバックは機能しません。  たとえば、同一のアップリンク ポートで構成されている仮想マシンで実行されている RDMA のキュー ペアは、相互に通信できません。, vSphere 6.7 以前では、SRQ が有効な場合にローカルの RDMA トラフィックに HCA が使用されていました。vSphere 7.0 では、RoCE v2 を使用して HW v14 以上で SRQ が有効になっている PVRDMA のバージョンにより、仮想マシンで HCA ループバックを使用します。, 現在のバージョンの Marvell FastLinQ アダプタ ファームウェアでは、同じ PF またはポートの QP 間のループバック トラフィックはサポートされていません。, 回避策:必要なサポートは、vSphere 7.0 に対して認定されている、すぐに利用できるドライバで追加されます。インボックス qedrntv ドライバを使用している場合は、3 ホスト構成を使用して、仮想マシンを 3 台目のホストに移行する必要があります。, Marvell FastLinQ qedrntv RoCE ドライバと Unreliable Datagram (UD) トラフィックには制限があります。バルク トラフィックを含む UD アプリケーションは、qedrntv ドライバで動作しない可能性があります。さらに、UD QP は、DMA メモリ領域 (MR) のみを使用できます。物理 MR または FRMR はサポートされていません。UD QP とともに物理 MR または FRMR を使用するアプリケーションは、qedrntv ドライバとともに使用したときにトラフィックを渡すことができません。このようなテスト アプリケーションの既知の例には、ibv_ud_pingpong と ib_send_bw があります。, iSER、NVMe-oF (RoCE)、PVRDMA などの VMware ESXi 環境における標準の RoCE および RoCEv2 のユースケースは、この問題の影響を受けません。UD トラフィックのユースケースは限定的で、この問題はバルク UD トラフィックを必要とする少数のアプリケーションに影響を及ぼします。, Marvell FastLinQ ハードウェアは、RDMA UD トラフィック オフロードをサポートしていません。GSI QP をサポートするための VMware PVRDMA 要件を満たすために、UD QP サポートの制限付きソフトウェア専用の実装が qedrntv ドライバに追加されました。実装の目的は、制御パスの GSI 通信のサポートを提供することであり、バルク トラフィックと高度な機能をサポートする UD QP の完全な実装ではありません。, UD のサポートはソフトウェアで実装されるため、大量のトラフィックに対応できず、パケットがドロップされる可能性があります。これにより、バルク UD トラフィックで障害が発生する可能性があります。, 回避策:バルク UD QP トラフィックは qedrntv ドライバでサポートされていません。現時点では回避策はありません。iSER、NVMe、RDMA、PVRDMA などの VMware ESXi RDMA (RoCE) のユースケースは、この問題の影響を受けません。, QLogic 578xx NIC の iSCSI 接続または切断を短時間で頻繁にトリガすると、qfle3 ドライバの問題が原因でサーバに障害が発生することがあります。これは、デバイスのファームウェアの既知の問題によるものです。, Broadcom の NVMe over FC 環境で、ドライバのアンロードまたはコントローラの切断操作中に ESXi に障害が発生し、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。@BlueScreen: #PF Exception 14 in world 2098707:vmknvmeGener IP 0x4200225021cc addr 0x19, インボックスの ixgben ドライバは、i350/X550 NIC のファームウェア データ バージョンまたは署名のみを認識します。一部の Dell サーバでは、OEM ファームウェアのバージョン番号が OEM パッケージ バージョンのリージョンにプログラムされています。そのため、インボックスの ixgben ドライバは、この情報を読み取れません。8 桁のファームウェア署名のみが表示されます。, 回避策:OEM ファームウェアのバージョン番号を表示するには、非同期 ixgben ドライバのバージョン 1.7.15 以降をインストールします。, NIC のリセットや VMkernel の内部デバイス ツリーの操作など、特定の破壊的操作を X710 または XL710 NIC に対して開始すると、NIC ハードウェアがパケット以外のメモリからデータを読み取ることがあります。, 回避策:NIC のリセットや、VMkernel の内部デバイス状態の操作を行わないでください。, NVMe-oF は、vSphere 7.0 の新機能です。サーバに vmhba30+ を使用する USB ストレージ インストールがあり、さらに NVMe over RDMA 構成もある場合は、システムの再起動後に VMHBA 名が変更されることがあります。これは、NVMe over RDMA の VMHBA 名の割り当てが PCIe デバイスと異なるためです。ESXi では、パーシステンスを確保できません。, vCenter Server データベースのサイズが 300 GB 以上の場合、ファイルベースのバックアップがタイムアウトして失敗します。次のエラー メッセージが表示されます。タイムアウトしました。72000 秒以内に完了できませんでした, nmlx5_core または nvme_pcie ドライバを使用する ESXi 7.0 ホストのコンプライアンス状態をバージョン 6.5 または 6.7 のホスト プロファイルに対して確認すると、次のエラーが表示されることがあります。ここで、address1 と address2 は、影響を受けるシステムに固有です。, このエラーは、ESXi バージョン 7.0 以前の

Ryzen ThreadripperでESXiを構築する Ryzen Threadripperが出てスレッド数の暴力・メモリ大容量でせっかくなのでESXiを構築し、GPUパススルーで普段のパワー用メインマシンとTV録画用のマシンを別々に立てようかと思いました。

Iphone データ移行 失敗 やり直し 4, 道 枝 駿佑 入所日 4, ゲーム 録画 違法 13, Discord 着信音 レア 12, Citra Save Editor 4, 三菱電機 Mel Toss 5, Gmail ラベル 通知 Pc 4, ロンパース 編み図 かぎ針 4, 初音ミク Kaito 関係 4, 告白 どう思った 占い 4, アメージュ Z Cwrg1 7, Vba Activate エラー 22, Nova3 ライン 通知 13, Dazn 再生速度 スマホ 9, アイドリッシュセブン メタルカード3 シークレット 5, ポケモン 塗り絵 ゲンガー 4, 平らな 犬服 作り方 4, ポケモン剣盾 ハピナス 巣穴 7, 車検 エアコンフィルター 費用 6, 一橋大学 Mba 学費 6, アルファ 税理士 法人 6, Jam 意味 Jo1 34, Pso2 スクラッチ 相場 4, 世界史 ギリシア世界 問題 5, Kat Tun To The Next 発売日 8, 20代後半 年収 中央値 6, Fk 意味 ゲーム 12, 有 村 架 純 菅田 将 暉 結婚 13, 気ままにyoutube アニメ ワンピース 53, ポケモンgo 個体値厳選 Pvp 13, Youtube 編み物 スザンナ 8, 高倉健 あなたへ ロケ地 5, Casio 1330 Mq 24 5, Ff14 機工士 クエスト 80 4, 外貨mmf 為替差益 雑所得 7, ずっと 意味 英語 4, スカイリム 艦これ Mod 13, ライジン 禁止 技 4,

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir