vba テキストボックス 入力制限 小数点 14


                    /* 四捨五入の場合は、上の二行は、コメントアウトして、こちらをコメント指定の(//)を消してアクティブにして下さい。変数二個も、アクティブにして下さい。 void Test_Load(object もし、ユーザーに入力してもう文字数に制限があった場合、入力された文字列が何か・・・より先に、そもそも文字数が制限の範囲内なのかを調べなければなりません。たとえば下図のようにパスワードを入力してもらうUserFormだったとき、入力すべきパスワードが最大で4文字だとしたら、5文字以上は入力させないようにしておけば、とりあえず文字数の問題は解決ですね。, テキストボックス内の文字列が変更されると、TextBoxのChangeイベントが発生します。ここにコードを書いておけば、入力された文字数をリアルタイムでチェックできます。, これを利用して「入力された文字数が4を越えたかどうか」を判定してみましょう。注意すべきは、Changeイベントが発生するタイミングです。Changeイベントは入力が完了した後に発生します。つまり、入力されたのが5文字だったとき、5文字目が入力されてからマクロが実行されることになります。つまり、4文字までしか入力させないようにしても、一時的には5文字目が入力されていることになります。, 4文字しか「入力させない」のだとしたら、一時的に入力されてしまった5文字目だけを消さなければなりません。これは、発想を変えればいいです。5文字目を消すのではなく、先頭から4文字目だけを有効にすればいいんです。つまり, ・5文字目が入力される .ドット以下の文字列を全て取得します。.

                {             if (char.IsNumber(e.KeyChar) || e.KeyChar == '.')             { たたき台にします。 以前,フォームに配置するテキストボックスを数字入力専用にするケースを紹介しましたが,これだと正の整数しか入力できないので,小数点を含む正の自然数を入力できるように改変します。, 少数フォーマット以外の数字以外を入力させないようにする、テキストボックスのイベントプロシージャです。
(ドツト)と、切り捨てた数値文字を連結して文字列を作成してTextBox1に代入する。                         UpDat++;                     { となります。, これで、テキストボックスには4文字しか入力できなくなりました。だけど、実はもっと簡単な方法があるんです。TextBoxのMaxLengthプロパティは、そのテキストボックスに入力できる最大文字数を設定できます。まさに、今回のテーマにぴったりのプロパティです。, このように設定しておけば、テキストボックスには4文字しか入力できなくなります。文字数の制限をしないときは、MaxLengthプロパティに0を指定します。, なお、本コンテンツで紹介したLeft関数や、MaxLegthプロパティは、いずれも全角と半角を区別しません。テキストボックス内の全角と半角を区別する方法は、下記のページを参考にしてください。,

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir